見どころ

みどころ1

15年ぶりの大回顧展!今、新たな魅力に迫る。

伊藤若冲、會我蕭白、歌川国芳…「奇想の画家」が大ブームを巻き起こしている今こそ雪村!
元祖「奇想の画家」というべき雪村の、破天荒でユニーク、大胆で繊細な作品の数々を堪能いただきます。

みどころ2

尾形光琳、狩野芳崖から、ドラッカーまで、
大絵師、知識人を魅了した雪村芸術!!

琳派の代表絵師である尾形光琳は、雪村を思慕し、模写や雪村を意識した作品を数多く残しました。
近世には狩野派、近代では狩野芳崖、橋本雅邦らが雪村を研究します。本展は、雪村に影響を受けた後世の絵師の作品の数々もご覧いただきます。
また、「電力王」「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門(1875-1971)や「マネジメントの父」ピーター・F・ドラッカー(1909-2005)も
雪村に魅せられ作品を所蔵するなど、現代に至るまで多くの知識人たちを魅了してやみません。

みどころ3

息を呑む世界観。細部に宿る「せっそん」魂。

大きな屏風も小さな掛軸も、1つ1つの作品の細部に雪村の独特な世界観がふんだんに盛り込まれています。
《呂洞賓図》(大和文華館蔵)の仙人の足元に描かれた“波”、《瀟湘八景図帖》(個人蔵)の“風”、《金山寺図屏風》(笠間稲荷美術館蔵)に描かれた“人々”…
細部に宿る「せっそん」魂をぜひ会場でご覧ください。

呂洞賓図

重要文化財《呂洞賓図(りょどうひんず)大和文華館蔵

波風立てて、上野にドドーン

呂洞賓図 仙人

呂洞賓とは中国の仙人です。首の骨が折れるくらいに顔を上に向けていったい何をしているのでしょう。よく見ると、口を開けて舌を出しています。上空の龍と激しい問答をしているのでしょう。

呂洞賓図 波頭

にゅるっと伸びたいくつもの波頭。なんと幾筋かは他と反対方向に伸びています。雪村は好んで波をこのように描きました。ここでは、まるで呂洞賓自身が巻き起こしている波風のように見えます。

蝦蟇鉄拐図

《蝦蟇鉄拐図》東京国立博物館蔵
Image:TNM Image Archives

足が3本のガマ!?

琴高仙人・群仙図

重要文化財《琴高仙人・群仙図》京都国立博物館蔵

またがる鯉を不安そうに見つめる仙人!? 仙人と鯉
欠伸布袋・紅白梅図(部分)

《欠伸布袋・紅白梅図》のうち中幅と左幅茨城県立歴史館蔵

布袋があくび!?
 
猿猴図

《猿猴図》個人蔵

猿蟹合戦ファイッ!
 
金山寺図屏風

《金山寺図屏風》笠間稲荷美術館蔵

 
金山寺図屏風に人が!その1 よ〜く見て、こんなところに人が!? 金山寺図屏風に人が!その2
 
列子御風図

《列子御風図》公益財団法人アルカンシエール美術財団蔵

風の吹くまま。気の向くまま。

 
風濤図

重要文化財《風濤図》野村美術館蔵

 
龍虎図屏風

《龍虎図屏風》根津美術館蔵

 
自画像

重要文化財《自画像》大和文華館蔵

雪村を継ぐものたち

 
昇龍図

橋本雅邦筆
《昇龍図》山崎美術館蔵

 
竹虎図

狩野芳崖筆
《竹虎図》奈良県立美術館蔵

雪村の足跡

bird
三春 常陸大宮 常陸太田 鹿島神宮 鎌倉 小田原 鹿沼 会津若松

雪村の略年表

雪村の事跡年表